ユウコジャパン オンラインショップ

ヒアルロン酸

ユウコジャパン オンラインショップ

ヒアルロン酸
■1日目安:3球
<カプセル>

●お肌の健康、潤いに
●シワやタルミが増えている
●乾燥肌で肌回復が遅い
●肌ツヤがなく、顔色が悪い
■90球入り(30日分)
栄養機能食品
6,300円(税込)

購入ページへ移動する


加齢によりヒアルロン酸は激減してしまいます

ヒアルロン酸はもともと体内成分で保水が必要なところに存在しています。

一番おおく存在している時期が赤ちゃんなどの幼児期です。

しかし、年齢とともに保水性分は減少してしまいます。特に50歳代になると20歳代の頃の約半分になります。

※経済産業流通新聞調べ

ヒアルロン酸保有率グラフ

年々減少するうるおいは、ほっておくとカサカサの原因に。水分を溜めるヒアルロン酸とコラーゲンの組み合わせがとても重要になります。

コラーゲンとは、弾力を持った繊維状のタンパク質で、真皮の網目構造を作り、弾力を維持する成分です。ヒアルロン酸とともに、潤いに関わる大切な成分の一つです。

ヒアルロン酸120mg配合

国産
ヒアルロン酸

120mg
コラーゲン
ペプチド

300mg
ビタミンB群
120mg
ヒアルロン酸
■1日目安:3球
<カプセル>

●お肌の健康、潤いに
●シワやタルミが増えている
●乾燥肌で肌回復が遅い
●肌ツヤがなく、顔色が悪い
■90球入り(30日分)
栄養機能食品
6,300円(税込)

コラーゲントリペプチド

コラーゲンは真皮の約70%を占める繊維状のたんぱく質で、うるおいが保たれることで構造を維持し、網目状の組織をつくり表皮を下から支えています。

コラーゲントリペプチドの特徴

1.コラーゲンよりも吸収されやすい

コラーゲンは、消化酵素で分解されてから吸収されるのに対して、アミノ酸の最小単位のトリペプチドは、分解されなくてもそのままの形で吸収されます。

通常のコラーゲンとトリペプチドの吸収率の違い

2.コラーゲンに再合成されやすい

通常分解されたコラーゲンは再合成されにくいと言われていますが、コラーゲン特有のアミノ酸配列を持ったトリペプチドはコラーゲンより再合成されやすいと言われています。

コラーゲントリペプチドはグリシンとアミノ酸2つから構成

アミノ酸XとYは任意のアミノ酸。
プロリンやヒドロキシプロリンが多い。

吸収や再合成に必要なビタミンB群

ビタミンB群は、ビタミンB1やビタミンB2、ナイアシン、、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸、ビオチンなどの栄養素です。コラーゲンやヒアルロン酸は消化・吸収後、再合成されますが、その際に重要な役割をになっているのがビタミンB群です。

ビタミンB群は、お互いに助け合いながら働くため、単体よりもビタミンB群として合わせて摂る事が望ましいです。

ビタミンB群は複合的に作用

ヒアルロン酸
■1日目安:3球
<カプセル>

●お肌の健康、潤いに
●シワやタルミが増えている
●乾燥肌で肌回復が遅い
●肌ツヤがなく、顔色が悪い
■90球入り(30日分)
栄養機能食品
6,300円(税込)

購入ページへ移動する